東武東上線とは?

東武東上線とは、池袋から寄居間を走る75.0km、埼玉県西部と池袋を結ぶ郊外路線です。

越生線を含む東上線グループの本線という意味の「東上本線」が正式名称とのことですが、一般には「東武東上線」、または単に「東上線」と呼ばれているようです。
「東上線」の名前の由来は、東京上京線「東京」と、現在の群馬県である「上野国」の頭文字を取ったもの。

これは、当初の計画では終点が群馬県渋川に想定されていたことによります。またもう1つの説では、「東京」と現在の新潟県である「上越」の頭文字を取ったものとも言われています。どちらが本当なのでしょうね?
同じ東武線ながら、スカイツリーライン系統の東武路線とは線路がつながってはいません。営業上も東上業務部の管轄で、独立色が強いと言えそうです。

池袋を起点として、東京から北西に向かい、成増、そして埼玉県に入って和光市、志木、ふじみ野、川越、坂戸、東松山、小川町、寄居へと続いていきます。

注目される路線に

郊外路線の一つでしかなかった東武東上線が注目されるようになったのは、地下鉄有楽町線が乗り入れることになってからです。

それまで以上に利便性がまし、乗り換えなしで都心まで行けてしまうことから、和光市-志木間を線路4車線敷いた複々線に増設されました。

その後地下鉄副都心線が開業、直通運転し、新宿や渋谷までダイレクトアクセスを実現しています。

乗り換えなしで東京の三大副都心とも言われる、池袋・新宿・渋谷へダイレクトアクセス出来る民間鉄道は、東武東上線と、西武池袋線くらいです。
この路線自体が出来たのは、大正3年までさかのぼります。明治44年に、「東上鉄道株式会社」としてスタートしました。敷設当初の計画はかなり壮大なもので、「東京から上野国を結ぶ」を目指したから、東上鉄道という会社名になったと言われています。

その後大正9年に東武鉄道と合併し、旧社名であった「東上」を残して「東武東上線」という名前になりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です