中古住宅にはメリットがたくさん

住宅を購入する際に、新築住宅だけでなく中古住宅も視野に入れて検討するといいです。

夢のマイホームということで、新築住宅以外は考えられないという人もいるでしょう。
しかし、中古住宅にもメリットはたくさんあります。
もともと新築住宅の購入を検討していた人でも、最終的に中古住宅に決めるというケースも多いです。

そんな中古住宅のメリットとしては、価格が安いという点がかなり大きいでしょう。住宅は一生のうちでもっとも金額の大きな買い物と言われています。

一括で購入代金を支払うのが難しいためほとんどの人が住宅ローンを使用しています。価格が安ければ、ローンの返済も早く住むのです。

また、新築住宅とことなりハウスメーカーの担当者との打ち合わせなども、それほど多くやらなくて済むのもメリットのうちの1つです。

入居してからも、中古住宅なら新築住宅のように気を遣うことはあまりありません。
子どもが壁や床などを汚しても、それほど気にならないでしょう。

 

中古住宅のデメリットはどんな点か

中古住宅にはメリットが意外と多いわけですが、それでもいいことばかりとは限りません。

中古住宅を購入するのであれば、デメリットについても理解しておく必要があります。
新築住宅の場合には、メンテナンスなどの保証が付いていることが多いのに対して、中古住宅は保証切れになっていることも少なくありません。

特に築年数の長い中古住宅の場合には、その傾向が強いでしょう。リフォームなどが必要になることもあるため、住宅購入にかかる費用を抑えることができても、リフォームで予想外のお金がかかってしまうこともあります。

中古住宅を購入する場合には、後々にリフォームをする可能性があることも考慮に入れておくのが望ましいでしょう。

また、築年数にもよりますが、中古住宅の場合には新築住宅独特の真新しさは感じられません。

傷んでいる箇所などもあるでしょう。美しさや新しさを重視したい人には、中古住宅はあまり向かないでしょう。
それでも、築年数の短い中古住宅なら新築住宅に近い真新しさが感じられることもあります。