狭小住宅は住宅ローンが厳しいかもしれない噂

一般的な住宅ローンを組む場合、戸建ての場合でいうと、建物面積が60㎡以下のような狭小住宅では、ローン審査に行く前段階の相談の段階から借りるのが難しいということが多いといいます。
特に大手銀行の場合はそうかもしれません。

たとえ、土地面積が40㎡以上ある土地であっても、建物面積が60㎡以下になる物件であればダメということになります。ただ、地元融資に力を入れている信用金庫・信用組合・農協あたりでは可能性がないとはいえないでしょう。

再建築の際に、建物面積を60㎡以上にすることが可能かどうかという点で見てくれることもないことはないというのです。

特に、商業地の場合は、建ペイ・容積率の緩和がありますから諦めなくても望みはあるということのようですが、もし、借りられるとしても足元を見られて、通常の金利よりは高い設定にされることもあるという事例もあります。

いずれにしても、狭小住宅は建売とは違って設計士と相談をしながらになりますから、住宅ローンと建て方の構造をよく相談しながら話を進めていかなければなりません。
また、1回断られたとしても、粘り強く交渉をしてOKを勝ち取ることもあるでしょう。

相手も人間ですから。何事も交渉をやってみるだけはベストを尽くしてやってみましょう。

 

最低でも土地は40㎡欲しい

都内で戸建てを持つのは、普通のサラリーマンにとっては夢のような話…ということも多いと聞きますから、狭小住宅であっても、戸建てを持てるということはありがたいことでもあるでしょう。

ただ、注意したいことは、住宅ローン上、最低でも土地は40㎡欲しいのではないかということです。借りようとする銀行へ事前に問い合わせたほうが良いかもしれません。

35㎡(約10坪)以下を購入して、後で住宅ローンが通らないことを未然に防止する目的です。土地の金額は安くても、後のことまで考えたほうが良いでしょう。