埼玉県≠遠い

埼玉県和光市は、県最南端の東側に位置する市で、東京23区である練馬区の隣にあります。

埼玉の街のなかでは、これまで目立たない印象だった街でしたが、近年大きな注目が集まっています。

「みんなが選んだ住みたい街ランキング2016」の「これから人気が出そうだと思う郊外の街ランキング」では、堂々3位にランクインした人気の街なのです。
和光市駅には、東武東上線、有楽町線、副都心線の3路線が通っていますから、埼玉県といえども都心部への交通アクセスは驚くほど便利です。

例えば、乗りかえなしで池袋駅までは約13分、新宿三丁目駅なら約19分有楽町駅までなら約36分、銀座一丁目までなら約38分でいけます。

すごいですよね? さらに副都心線と東急東横線、2013年にみなとみらい線が相互直通運転を開始したことにより、中目黒や代官山や、横浜方面へも乗り換えなしでアクセス可能です。

そのおかげか同市から東京都区部への通勤率はなんと、51.4%に上ります。

自然豊かな街

また和光市は古くから湧き水が豊富な場所としても知られ、武蔵野台地の端にあたる白子川周辺には、今も清冽な湧水スポットが数多く点在しています。

現在その水を飲むことはできませんが、かつて湧き水は、酒造りや水車の動力源にも利用されていました。ますます都市化が進んでいる東京近郊ではめったに見られなくなった小さな自然も、街の貴重な財産といえるでしょう。
そんな自然豊かな街にも関わらず、東武東上線、東京メトロ有楽町線、副都心線の3つの路線が乗り入れる交通至便な街です。

さらに有楽町線・副都心線は和光市が始発駅のため、朝の通勤ラッシュ時であっても、少し並べばすわって都心に通うことができますから、通勤につかれた方々にとってはうれしい限りですよね。
「東京23区内に住みたい」という都心重視のあこがれも分からなくはありません。けれお、家賃や交通アクセス等の実利を考えれば、この自然豊かな街で暮らすのも、きっと同じくらい素敵ですよ。