狭小住宅のメリット

限られた予算で家を建てることができる

狭小住宅はと狭すぎて居心地が悪いのではという先入観を持つ人もいるようですが、実はさまざまなメリットがあります。
狭小住宅の最大のメリットを挙げると、土地第を安く抑えられることです。

一般の住宅が50坪前後の面積ですから、それに比べると狭小住宅の土地の広さは約15坪ですから、約3分の1の広さです。
とはいっても、地方と都市部、首都圏では土地代にもかなりの格差が生じており、坪単価での土地代は首都圏や都市部のほうが高くなっています。

狭小住宅を建てることによって、狭くて居心地の悪い家になるのではとマイナス思考に捉える人もいますが、そこは設計士や住宅会社などプロの腕の見せ所ですね。

家を建てるにも、限られた予算の中で居心地の良い住まいが欲しいと思っている人には、狭小住宅を建てることを検討する価値は十分にあると思います。

 

狭くても楽しくて快適な住まい造り

狭くて窮屈なイメージのある狭小住宅ですが、外見は狭くても家の中に一歩脚を踏み入れると、心地良くて快適な空間が広がる! そのような家もたくさんあります。
よく考えてみたら、最初から狭くて窮屈な家だったら、誰もそんな家を建てようとは思わないですよね。家造りは家族の夢であり、家族が快適に生活するための居場所ですから、家を造る計画を立ててから、設計士や住宅会社に依頼して、家が完成するまでの過程は、とても楽しいものです。

狭くても楽しくて快適な住まい造りを目指すには、室内の仕切りをできるだけ少なくする、ちょっとした空間を有効に使う、造り付けの家具を設置してもらうなど、工夫次第です。

狭小住宅についていまひとつイメージが湧かないようなら、住宅メーカーに相談するのも良いし、モデルハウスの見学をしてはいかがでしょうか。
友人や知人、親戚に狭小住宅を建てた人がいれば、訪問してみるのも良いでしょう。

 

 

狭小住宅のデメリット

家の中での移動が面倒

狭小住宅を建てることで土地第を安く抑えられるという点ではメリットが大きいと思いますが、デメリットもいくつかあります。
そろそろ家を建てたいけど、予算が限られているので、贅沢はできないので狭小住宅を建てようと検討している人も、狭小住宅の特徴やメリット、デメリットについて十分に理解した上で、慎重に判断する必要があります。

家は自分にとっても家族にとっても一生の買い物ですから、家を建てた後に後悔はしたくないですよね。狭小住宅は坪数が少なく、土地面積が狭いため、一般住宅よりもかなり狭い家になることは、すぐに想像がつくと思います。
そのため、3階建て、4階建ての家が多いのですが、若い世代の人ならともかく、高齢者には住みづらくなることもありますので、注意が必要です。

洗濯物を干すのに3階、4階に上がる場合、足腰が元気なうちは良いですが、歩行に支障が出るようになった場合は、きつくなります。

狭小住宅について検討している人は、家族の年齢や健康状態などを踏まえた上で、慎重に判断しましょう。

 

狭小住宅の電気代はどうなる?

1階建てや2階建ての一般住宅と狭小住宅について、電気代で比較するとどのような感じなのでしょうか。狭小住宅のほとんどが3階建てや4階建てであるため、上の階に行けば行くほど、日当たりが良くなりますが、その反面、紫外線の影響を受けやすくなり、室内の温度も高くなります。
そのため、夏は室内で冷房をきかせることもあり、一般住宅に比べると、電気代が高くなる場合もあります。

ふだんから電気代を安く抑えられるように、節電を心がけておく必要があると思います。
狭小住宅は狭い土地の中で家を建てるので、狭小住宅専門のハウスメーカーや、これまでに狭小住宅を建てた実績と信頼性が高い住宅会社を慎重に選ぶ必要があります。

大切なことは、1日も早く家を建てることではなく、家族が快適で心地良い空間の中で生活できるようになることです。

その家に住む人にとって快適に過ごせるように、納得のいくまでよく話し合い、どのような住まいが家族にとって必要なのか、どのくらいの予算があれば良い家が建てられるのか、じっくり検討することです。