マナーを守って快適な旅をしましょう

騒がしくならないように注意

最近の高速バスはシートも快適で車内でゆっくりくつろげるようになっています。

と言っても、高速バスでは狭い空間に不特定多数の人が乗車していますから、マナーは守らなければなりません。シートのリクライニングを倒すときには、後ろの人に一声かけておくと良いと思います。夜行便ではぐっすり寝たいという人も多いですから、決して騒いだりしてはいけません。おしゃべりは慎むようにしましょう。車内でiPodなどで音楽を聴くのはOKですが、音漏れするくらいの大音量で聴くのはNGです。携帯電話での通話もマナー違反ですから避けるようにしましょう。最近は無線LANが設置してある高速バスもあります。

しかし、消灯後はスマートフォンやタブレットなどの使用は避けるようにしましょう。

お茶や水以外の飲食は控える

高速バスの中では飲食にも気をつけたいものです。

食事は乗車前にすませておきましょう。車内は乾燥していますので飲み物は必須ですから、お茶や水を用意しておくと良いでしょう。アルコールは少量ならOKですが、飲み過ぎて酔っ払うようなことになれば周囲の人に大迷惑になりますから、できれば控えた方が良いでしょう。高速バスは、普通は禁煙になっているはずです。

煙草を吸いたい人はサービスエリアでの休憩時に吸うようにしましょう。